クレジットカードで空港ラウンジを使うなら、プライオリティパスを!

■プライオリティパスとはナニモノか

クレジットカードを利用しているとよく話題に上がってくるのがプライオリティパスと呼ばれるものです。クレジットカードの説明などでプライオリティパスが無料で利用できますなどの案内がされていることもありますが、具体的にどのようなものか理解されていない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はクレジットカードに付帯されているプライオリティパスについてご紹介したいと思います。

■プライオリティパスは企業名!?
まずは名称ともなっているプライオリティパスについてご紹介しましょう。このプライオリティパスというのは実はサービス名でありながら企業名なんですね。なんやら凄い会社名だと思うのですがプライオリティパス社は空港ラウンジを経営することを主な事業内容としている会社となっています。空港には複数のラウンジがあるのですがこのようにプライオリティパス社が運営していたり、航空会社が独自に運営していたりと実は異なったものとなっています。
そしてプライオリティパス社が運営する空港ラウンジには特徴がありそれは「空港での保安検査場を超えた場所」にラウンジが全て設定されているということです。つまり非常に利用できる方が限られているのが特徴なんですね。

■プライオリティパスは会員制
さて、この空港ラウンジを利用したいと思ったときはどうすれば良いのでしょうか。プライオリティパスが提供する空港ラウンジを利用するためには専用の会員になる必要があります。この会員には3種類あり次のようになっています。
・スタンダード会員 年会費99米ドル 1回あたり27米ドルの利用料が必要
・スタンダードプラス会員 年会費249米ドル 1回あたり27米ドルの利用料が必要(ただし年間10回までは無料)
・スタンダード会員 年会費399米ドル 1回あたりの利用料は不要
ここからも分かるよにプライオリティパスの利用料はかなりの高額となっています。自分で入会するのであれば躊躇するような方も多いのではと思ってしまうほどですね。
入会が完了すると会員であることを示す会員カードが送付されてきます。この会員カードを世界中の空港に用意されているラウンジで提示することによってラウンジが利用可能になります。

プライオリティパスは今や世界1000ヶ所程度の空港ラウンジを利用できるようなサービスになりました。クレジットカードのサービスを上手く活用して空港ラウンジを楽しんでもらいたいと思います。

■プライオリティパスはお得なのか

よくプライオリティパスが便利だという話を耳にするのではないでしょうか。クレジットカードにプライオリティパスが付帯されていればお得に空港ラウンジが利用できる!なんて情報を目にしたことがある方も多いと思います。
「お得」という考え方は人それぞれ異なるものですがプライオリティパスは本当にお得なサービスなのでしょうか。これは私の考えではありますがプライオリティパスは非常にお得なサービスだと思っています。本来は高額な支払いが必要なサービスであるからこそ上質なサービスを受けられるような仕組みとなっています。

空港ラウンジには種類があるのですがプライオリティパスで利用できるのは一般的にビジネスラウンジと呼ばれるものになっています。空港でラウンジを見たことある方は「ラウンジ=人がたくさんいてそこまでくつろげない空間」と感じているかもしれませんが、人がたくさん居るようなラウンジはカードラウンジと呼ばれる日本であればゴールドカード以上を所有していれば誰でも利用できるラウンジでしょう。このラウンジはちょっとしたお菓子や飲み物がある程度でそこまで魅力的には感じられないと思います。しかしながらプライオリティパスで利用できるラウンジはこれでは無いのですね。
ビジネスラウンジと呼ばれるラウンジはその名の通り飛行機のビジネスクラス以上を利用するような方に向けて作られたラウンジです。そのためまず施設内の設備がカードラウンジとは異なります。例えば椅子にしてもカードラウンジのようなものではなく高級な座り心地の良いものが選択されています。また食事に関してもジュースやお菓子といった軽食だけではなく、アルコールが用意されていたり食事もレストランのバイキングであるかのようなものが用意されていることもあります。内装や設備、そして提供されているもの全てがカードラウンジよりも品質の高いものとなっているのがビジネスラウンジです。
プライオリティパスを所有していればこのビジネスラウンジが会員のランクにもよりますが格安・もしくは無料で利用できるわけです。本来は国際線のビジネスクラス以上を利用する必要があるため、場合によっては10万円を遥かに超えるような航空券を買ってやっと利用できるのがこのラウンジです。しかし、プライオリティパスを持っていればお得に高くとも27米ドルを支払えば利用できるのです。チェックイン後の喧騒とした空間が嫌なのであればプライオリティパスでラウンジを利用する価値は非常に高いでしょう。

■クレジットカードでプライオリティパスを手に入れろ

今やプライオリティパスを利用している方の8割程度はクレジットカードの付帯サービスを利用して会員となっていると言われています。それだけクレジットカードを利用してプライオリティパスを手に入れるということが一般的に根付いてきた訳ですね。ただ全てのクレジットカードにプライオリティパスが付帯されている訳ではありませんし、自動的にプライオリティパスが発行されるわけでもありません。その点は理解してクレジットカードを利用してプライオリティパスを手に入れれるようにしましょう。

プライオリティパスが手に入るクレジットカードはいくつかありますが、個人で利用するのであれば最もおすすめなのは「楽天プレミアムカード」を利用することです。こちらのクレジットカードはゴールドカードに分類され年会費は10800円となっていますが、現状日本で発行されているクレジットカードの中でもっと安くプライオリティパスの最上位ランクを手に入れることが出来るものです。プライオリティパスのランクについては別にご紹介していますのでそちらをご確認ください。
またもう1つおすすめのクレジットカードとしてはJCBゴールド ザ・プレミアが挙げられます。こちらのクレジットカードはJCBゴールドのさらに上位版クレジットカードとなっており、特定の条件を満たすことによって手に入れることの出来るクレジットカードとなっています。こちらのクレジットカードも無料でプライオリティパスを手に入れることが出来ますし、何よりJCBのプロパーカードでありますのでクレジットカードとしての安心感が高いものとなっています。さすがプロパーカードということもあり一流ホテルで優待を受けれたり京都駅にはJCBの専用ラウンジが設けられているなど他のクレジットカードとは異なったステータス性の高いサービスを楽しむことが出来るでしょう。

さて、どちらのクレジットカードを利用してもプライオリティパスを手に入れることは出来るのですが申し込みが必要です。時々プライオリティパスはクレジットカードを申し込むと自動的に送られてくると勘違いしている方がいますがそういう訳ではありません。きちんとクレジットカード会社が定めている申し込み方法でプライオリティパスを申請しなければ手元には届かないのです。クレジットカードを利用したプライオリティパスの発行には概ね2週間程度必要となっていますので手に入れる際は余裕をもつことも大切ですね。

■家族カードでもプライオリティパスが利用できるクレジットカード

空港ラウンジサービスがお得に利用できるものとして有名なのがプライオリティパスですよね。プライオリティパスは世界中の空港ラウンジと提携することによってお得にラウンジが利用できるようにするサービスであり、クレジットカードの付帯サービスとして提供されていることが多くあります。
このプライオリティパスはクレジットカードの本会員であれば無料で手に入れることが出来たり、優待価格で手に入れることが出来るのですが家族カードではなかなかそうもいかないことが多くなっています。確かに年会費が最低でも1万円以上するサービスを簡単には家族カード会員に提供することは出来ないような気もしますよね。しかし、世の中には家族カードにもプライオリティパスを発行しているクレジットカードがいくつか存在しています。数は多くないもののそういったクレジットカードがあることを理解して、家族も一緒に空港ラウンジが利用できるようにしてみるのも良いでしょう。

家族カードもプライオリティパスを発行できるクレジットカードとして最も私がおすすめしているのは「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」です。こちらのクレジットカードでは名前からも分かるように東京三菱UFJ系が発行しているプラチナカードとなっています。
プラチナカードなんてプライオリティパス以前に手に入れることが難しいと考えるかもしれませんが、実はこのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは自分から申し込みが出来るタイプのプラチナカードなんですね。そのため以外にもプラチナカードでありながら取得のハードルは低いものとなっています。
こちらのクレジットカードを利用してプライオリティパスを取得する理由というのはいくつかるのですが、まず家族カードの発行が1枚目は無料ということがあげられるでしょう。2枚目からは年会費3000円となっていますが1枚目が無料であればそれだけでお得度合いは非常に高いものと言えるでしょう。続いてクレジットカードがプラチナカードということで持っているだけで非常にステータス性の高いものであることが挙げられます。プラチナカードといえばコンシェルジュサービスなども利用できますしプライオリティパス以外にも使い方は広がりますね。もちろん家族カードであってもプライオリティパスは無料で発行することが出来ますので非常にお得なクレジットカードです。自分のみならず家族もプライオリティパスやプラチナカードの良さを楽しめる1枚です。

■プライオリティパスが利用できるクレジットカード

日本で発行されているクレジットカードの一部にはプライオリティパスと呼ばれる世界中の空港ラウンジが利用できる会員カードが付帯されているものがあります。なぜこのような会員カードが注目されているのかといいますと、このプライオリティパスは本来は有料のサービスでありしかもこの年会費が高額だからなのです。最も安いものは年会費1万円程度ですが高いものであれば4万円以上となっており、自分で入会するには少しためらいがあるような価格設定となっています。

しかし、冒頭でも紹介したようにクレジットカードの一部にはこのプライオリティパスを追加の年会費を支払う必要なく利用できるようなクレジットカードがあるのです。クレジットカードの付帯サービスの一部としてプライオリティパスが用意されているものがあるということなんですね。つまりプライオリティパスを賢く利用するためには、クレジットカードを上手く利用するということが大切になってきます。クレジットカードの付帯サービスであればプライオリティパスが無料ですからね。

プライオリティパスが利用できるクレジットカードは基本的にはステータス性が高いクレジットカードと呼ばれるものが中心となっています。ゴールドカードやプラチナカードが対象となっているわけですね。クレジットカードの最高峰とされるブラックカードにも付帯されていますがこれは一般の方ではなかなか目にする機会すらないクレジットカードですので今回は割愛したいと思います。

細かなクレジットカードの詳細については別にご紹介したいと思いますが、プライオリティパスが利用できるクレジットカードの中でおすすめなものを幾つかご紹介しておきたいと思います。

■楽天プレミアムカード
現在日本で発行されているクレジットカードの中で最も安くプライオリティパスのプレステージ会員が手に入るクレジットカードです。このプレステージ会員というのは年会費399米ドルで世界中のプライオリティパスラウンジが無料で利用できるというものです。楽天プレミアムカードの年会費は1万円ですのでこれを利用するだけでも年会費以上の価値があります。

■アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
世の中のステータス系クレジットカードといえばアメックスでは無いでしょうか。アメックスはゴールドカードはプライオリティパスに対応しておらずこのプラチナカードが無料でプライオリティパスに対応しています。ステータス性の高いクレジットカードらしく総合的に優秀なクレジットカードです。