クレジットカードとプライオリティパス

■プライオリティパスも使える法人カード

実は法人カードであってもプライオリティパスが利用できるものがあるのをご存知でしょうか。プライオリティパスといえば個人向けのサービスだと考えている方も多いとは思いますが、一部のゴールドカードやプラチナカードに相当する法人カードではプライオリティパスが付帯されているのです。海外出張などが多い会社であれば支払いを全てクレジットカードにまとめていることも多いと思いますし、そういった支払いに利用するクレジットカードでプライオリティパスも利用できると嬉しいですよね。そんなプライオリティパスに対応している法人カードを今回はご紹介します。

■楽天ビジネスカード
こちらのクレジットカードは個人事業主といった楽天プレミアムカードを所有している方しか発行できない法人カードとなっているのですが、年会費を抑えて法人カードの維持とプライオリティパスが利用可能な人気のクレジットカードです。楽天プレミアムカードに付随する形でこの楽天ビジネスカードは発行されていますので、基本的な性能としては楽天プレミアムカードに近いものとなっています。ポイントの還元率も法人カードとしては非常に良いものとなっていますしプライオリティパスはプレステージ会員が付帯されています。
複数人で利用することは出来ないのだけがこちらの楽天ビジネスカードの欠点ではあります。しかし、個人事業主として利用する分には何ら問題のない優秀なクレジットカードです。

■セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
法人カードとしてプライオリティパスを取得するのに最もおすすめなのはこちrなおセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでしょうか。セゾンがアメリカン・エキスプレスと提携して発行するクレジットカードであり、個人事業主であっても法人であっても契約することが可能です。年会費は2万円に設定されているのですがアメリカン・エキスプレスのプラチナカードとしてプライオリティパスやコンシェルジュサービスが利用できるようになっています。特にアメリカン・エキスプレスは個人向けのクレジットカードのサービスも充実しているようにトラベルやレジャー面には非常に力が入っています。飲食店やゴルフ場などとの提携、ホテルとの提携も多々ありますので自分のみならず法人カードとしてお客様と利用するときにもこのサービスは活用できるでしょう。年会費は高めですがプライオリティパスと合わせて付帯サービスを存分に楽しめるはずです。

■航空系クレジットカードでプライオリティパスを活用する

空港ラウンジを利用するときに必ずついてくるのが飛行機の利用です。こんなことは言うまでも無いですよね。そんなフライトを多用される方であれば気になるがクレジットカードを利用してマイルをどのように貯めるのかということであると思います。基本的に日本であればJALカードかANAカードを利用してフライトする航空会社を絞ることによってマイルを効率よく貯めるのが標準となっています。そして、重要なことはマイルを貯めながらも空港ラウンジを上手く活用したいということではないでしょうか。出張などが多くなると乗り継ぎの時間などでラウンジを利用することもあるでしょうし飛行機との相性は重要となってきます。

■ANA JCBカード プレミアム
ANAカードの中でプライオリティパスのプレステージ会員に対応しているクレジットカードの一つです。年会費はなんと7万円と驚きの高価格に設定されているのですがとにかくマイルが貯まりやすいクレジットカードとして有名です。発行しているのはJCBですので日本で発行されているクレジットカードの中では審査が厳しい分類に入ると思われます。ただ、審査が厳しいという事もあってそれだけ審査に通過できた方には嬉しい特典が活用できるものと言えるでしょう。
ANAの国内線に搭乗するときはプライオリティパスの利用ではないですが、専用の国内線ラウンジが利用可能です。プライオリティパスで利用するラウンジのように世界に向けて用意されたものではないですが、これを使えることも十分なメリットの一つで言えるものです。

■JAL・JCBカード プラチナ
こちらはJALカードの中でプライオリティパスのプレステージ会員が付帯されてくるクレジットカードの一つです。JALカードはプラチナカードであっても年会費が抑えられており31000円に設定されています。通常のプラチナカードは年会費の相場が4万円程度となっていますので、価格相場としては提携カードであるぶん少し安めになっていると言えるでしょう。
年会費は安めに設定されているものの付帯されてくるサービスの質は決して悪いものではありません。マイルの還元率やボーナスマイルに関しては十分な設定となっていますし、プラチナカードとしてJCBのサービスも活用することが可能です。プライオリティパスの利用ももちろん良いですが、フライトを楽しくしてくれるサービスも多々用意されています。

■プライオリティパスのスタンダード会員を手に入れる

クレジットカードに付帯されているプライオリティパスは全て同じものではなく、クレジットカードによってプレステージ会員が付帯されているものとスタンダード会員が付帯されているものに分かれています。プレステージ会員が付帯されているクレジットカードは毎回の空港ラウンジ利用料が必要ないのですが、スタンダード会員であれば毎回の空港ラウンジ利用料を支払う必要があります。空港ラウンジをそこまで多用する可能性がないのであれば、毎回の利用料が必要となってもスタンダード会員のほうがトータルでは安く収まる可能性もあるでしょう。

■アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレスのなかでいわゆるグリーンカードと呼ばれている一般カードがこちらのクレジットカードです。年会費は通常の一般カードに比べると高額にはなっていますが、アメリカン・エキスプレスですので付帯されているサービスは一般カードといえども質の高いものになっています。
プライオリティパスは一般カードクラスあるのも関わらずスタンダード会員が付帯されています。空港ラウンジを何度も利用するのであれば他のクレジットカードも選択肢には挙がりますが数回の利用であればこちらでも良いでしょう。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
一部の提携カードを除いたアメリカン・エキスプレスのプロパーカードであればゴールドカードにもプライオリティパスが付帯されています。プライオリティパスの内容としては一般カードと同じスタンダード会員とはなっているのですが、付帯されている全体的なサービスを見ると一般カードよりも遥かに質の高いものとなっています。クレジットカードの提示でサービスを受けられたり、食事に関するサービスも強化されていますので空港ラウンジだけではなく日々の生活をより良いものにしてくれるでしょう。

■シティ ゴールドカード
入会条件が25歳以上で年収の目安が400万円と少し厳し目のゴールドカードとなっていますが、シティバンクが発行するこちらのクレジットカードにもプライオリティパスは付帯されています。外資銀行系のクレジットカードであり付帯されているサービスは日本人向けになっているものの、グローバル標準なところがあるのが特徴となっています。プラチナカードへのインビテーションも盛んに行われているようですのでステータス性を重視する方も長い目で利用できるクレジットカードです。

■少し奮発して家族カードでもプライオリティパスをゲット

年会費を抑えて家族もプライオリティパスが利用できればそれに越したことは無いですよね。ただ本会員がプラチナカードなどステータス性の高いものであれば家族カードも同様にステータス性の高いものであると考えることも可能です。家族カードのステータス性は利用する方によって捉え方が非常に異なってしまう部分だとは思います。今回は本会員のみならず家族カードもプライオリティパスが利用できて、なおかつ年会費が高額なステータス性も十分に高いクレジットカードをご紹介したいと思います。

■三井住友プラチナカード
日本で有名なクレジットカード会社の一つである三井住友カードが発行しているプラチナカードです。年会費は50000円+税となかなか高額なものとなっていますが、VISA系クレジットカードの中ではプロパーカードとなっておりステータス性や信頼性は非常に高いものとなっています。
家族カードの発行に関しては年会費が基本的には無料となっており、クレジットカードとして無料であるならば持っておきたいものと言えるでしょう。プライオリティパスはプレステージ会員が無料で付帯されますし2人以上で利用するであれば本会員の年会費も相対的には安く感じれることでしょう。

■ANA VISAプラチナ プレミアムカード
年会費80000円+税の高額ANAカードがこちらです。ANAカードですのでマイルが非常に貯まりやすいものとなっておりプラチナカードですのでステータス性の面でも心配が無いクレジットカードとなっています。家族カードに関しても年会費は4000円+税と比較的抑えられた価格となっており、費用面では負担が少なく利用できます。
家族カードに付帯されてくるプライオリティパスももちろんプレステージ会員となっていますので本会員のみならず家族カード会員も自分だけで空港ラウンジが利用できます。マイルを家族で貯めつつ空港ラウンジも利用できるおすすめクレジットカードです。

■アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
こちらはインビテーションが必要なプラチナカードではありますが家族カード会員もプライオリティパスが利用可能です。本会員の年会費は13万円を超えるなどプラチナカードらしく非常に高額となっていますし、名前だけでも耳にしたことがある方も多いでしょう。
ステータス性の高いクレジットカードとしてトラベルやレジャーでの優待に非常に力が入っています。プライオリティパスだけではなく世界中を飛び回るのであれば利用できる機会は多いでしょう。

■同伴者も無料になるプライオリティパスを手に入れる

プライオリティパスといえば利用者本人はプレステージ会員であれば無料で、スタンダード会員であれば毎回27米ドルで利用できるということはみなさんもご存知でしょう。そして同伴者に関しては本会員のランクに関わらず27米ドルが必要となってくるのが基本だと知られています。仮に自分がプレステージ会員であっても、友人2人と利用すれば追加で54米ドル必要となりますので少し利用するか悩んでしまいますよね。しかし、一部の入手難易度の高いクレジットカードを利用すればプライオリティパスで同伴者も1名無料にすることが出来るのです。1人でも無料になれば空港ラウンジを利用するハードルもぐっと下がるはずです。今回はそんな同伴者も無料にプライオリティパスが手に入るクレジットカードをご紹介します。

■アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
ステータス性の高いクレジットカードとして知られているアメリカン・エキスプレス・カードのプラチナカードは同伴者も1名まで無料となるプライオリティパスが付帯されています。クレジットカードを手に入れるためにはアメリカン・エキスプレス・カードからインビテーションを受ける必要がありますので入会難易度は高いですが、手に入れることができれば自慢できる1枚ですね。

■JCB ザ・クラス
こちらはJCBが日本で発行しているプロパーカードの中で最もランクの高いものとなっています。詳細についてはあまり公開されていないのですが年会費は50000円との話が有力です。こちらのクレジットカードに付帯されてくるプライオリティパスに関しても同伴者が1名無料になるものとなっています。発行枚数もそこまで多くないクレジットカードですので手に入れることが出来ればプライオリティパスに活用したいクレジットカードとなるでしょう。

■スルガVISA インフィニットカード
VISAが日本で発行しているクレジットカードの中で最もランクの高いものとなっています。一般的には三井住友カードのプラチナカードである三井住友プラチナカードが上位のクレジットカードとはなっていますが、スルガ銀行がごく一部の顧客に対して発行しているこちらのクレジットカードが世界で見れば上位のクレジットカードとなっています。プライオリティパスは同伴者がなんと2名無料で利用できるというもので、このサービスは他のクレジットカードを見ても非常に稀なものと言えます。