プライオリティパスが手に入るクレジットカード

■低価格で家族カードもプライオリティパスが利用できる

基本的にクレジットカードに付帯されているプライオリティパスは本会員しか利用できないものとなっています。家族カードにはプライオリティパスが付帯されてこないのが基本となっているわけですね。しかしながら一部のクレジットカードを利用すれば家族カードであっても無料でプライオリティパスが付帯されてくるようになるのです。こういったクレジットカードは数多くは無いのですが、皆さんが利用できそうなものを一部ご紹介したいと思います。

■MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
条件を満たせば1万円台の年会費で持つことの出来るプラチナカードとして人気のこのクレジットカードはなんとプライオリティパスのプレステージ会員が付帯されてくるサービス付きのクレジットカードとなっています。しかもこの年会費でありながら家族カードも無料でプライオリティパスが利用できるようになっているのですね。
クレジットカードの申し込みに関しても20代から可能となっており、若くしてプラチナカードを所有できるという意味でもお得なクレジットカードです。早くから所有することが出来れば家族カードを発行してさらにお得に利用できそうですね。

■JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
空港でのサービスや手荷物の配送などが充実しているこちらのJAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナもプライオリティパスが手に入るクレジットカードです。本会員の年会費も31000円と比較的抑えたものになっているの利用しやすいのが特徴です。
JALカードですのでマイルも貯まりやすいものとなっています。アメリカン・エキスプレスの付帯サービスとJALカードとしての付帯サービスの両方を利用できるのは非常にお得では無いでしょうか。

本会員の年会費が抑えられているクレジットカードの場合では家族家族カードの年会費が比較的高い場合があります。また高額な年会費のものであっても場合によってはそれだけのサービスが付帯されているので高額となっている場合があるのですね。しかしMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードであれば家族カードの年会費は始めの1枚に関しては無料であり、それ以降は3000円という良心価格に設定されています。これぐらいであれば十分利用できる価格ですよね。JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナに関しては15500円となっていますので少し高い気がしてしまいます。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ステータス性の高いクレジットカードとして人気があるのがアメリカン・エキスプレス・カードですよね。その中でもインビテーション無しで入会できるのがこちらのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。トラベルとレジャーに力を入れているアメリカン・エキスプレス・カードではどのような特典が用意されているのでしょうか。

基本的な情報としては次のようになっています。
国際ブランド:アメリカン・エキスプレス
年会費:26000円+税
旅行傷害保険:海外1億円
プライオリティパスのランク:スタンダード会員

意外にもアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに付帯されているプライオリティパスというのはプレステージ会員ではなくスタンダード会員なのですね。こちらの会員であればプライオリティパス社の提携している空港ラウンジは利用できるものの、1回の利用につき27米ドルが必要となります。同伴者についても同様に1人につき27米ドルの利用料金を支払う必要があります。トラベルに力を入れているアメリカン・エキスプレス・カードであればプライオリティパスはプレステージ会員のように思えるものですが、ゴールドカードではスタンダード会員となってしまうのです。もちろん、アメリカン・エキスプレス・カードの中でもプラチナカード以上であればプライオリティパスはプレステージ会員となっています。
この背景には私の予想ではありますが、アメリカン・エキスプレス・カードに関しては年会費分のサービスを自社で提供しているからという部分があると思われます。本来は他社との提携なども含めて付帯サービスとすることが多いのですが、アメリカン・エキスプレス・カードは長年培ってきた信頼によって自社で様々なサービスを提供し続けています。これらのサービスを利用するために年会費が存在していると考えるのが妥当かもしれません。とはいえどもアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードであればレストランなどがお得に利用できる招待日和というサービスが利用できたりもします。こちらは本来であれば医師など一部の方しか利用できないサービスなのですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの利用者であれば審査などを必要とせず利用することが出来ます。このサービスを利用すれば提携されているレストランなどで所定のコースを利用すると2名以上の利用で1名分が無料になる優待を受けることが出来ます。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサービスはまだ多々ありますがこのようなプライオリティパス以外のところに力が入っているのかもしれません。

■ANA VISAプラチナ プレミアムカード

複数あるANAカードの中で利用のしやすさで人気が高いのがこちらのANA VISAプラチナ プレミアムカードです。ANAカードはマイルを手に入れるためにポイントから交換する必要があるなどの制約はありますが、それを踏まえても非常にマイルが貯まりやすいクレジットカードには違いありません。それに加えてプラチナカードとしてコンシェルジュサービスが利用できたりプライオリティパスが付帯されていますので順にご紹介していきましょう。

基本的な情報としては次のようになっています。
国際ブランド:VISA
年会費:80000円+税
旅行傷害保険:海外1億円
プライオリティパスのランク:プレステージ会員

上記を見て驚かれた方も居るでしょう。JALカードであればプラチナカードと言えども年会費は31000円に設定されているにも関わらず、ANAカードでは国際ブランドをVISAで選択したとしてもなんと80000円もの年会費が必要となるのです。これは航空系のクレジットカード、プラチナカードの中でも非常に高額年会費の部類に入るものとなっています。
さて、マイルの獲得については1000円の利用につきポイントが1P貯まるようになっています。このポイントは1ポイントあたり15マイルに交換できるようになっていますので、実質的には1.5%分のマイルが還元される仕組みとなっています。また楽天Edyとの連携も実現されており、こちらは大半のクレジットカードと同様に200円のチャージに付き1マイルが貯まるようになっています。ただ、電子マネーへのチャージで0.5%のママイルが還元されるものは少ないですので相対的にはよくマイルが貯まるクレジットカードであるといえるでしょう。ただマイルには3年間の有効期限がありますので計画的に利用することが大切となってきます。
こちらのANA VISAプラチナ プレミアムカードは本会員の年会費こそ高額であるものの、家族カードの年会費については4000円+税と格安となっています。プラチナカードの家族カードでもここまで低価格なものは少ないですね。そしてこの低価格な家族カードであっても無料でプライオリティパスのプレステージ会員が付帯されてきます。つまり84000円でプライオリティパスが2人分とプラチナカードが2人分手に入るようになっているのです。プライオリティパスだけのことを考えるとこれでも高額ですが、プラチナカードのサービスを家族も利用できることを考えると妥当と言えるでしょう。

■三井住友プラチナカード

日本でクレジットカードを発行している会社として有名なのは三井住友カードではないでしょうか。テレビコマーシャルなども積極的にされていたことで耳の残るフレーズは皆さんも聞いたことがあると思われます。この三井住友カードが発行している上位クレジットカードというのが三井住友VISAプラチナカードです。さすが日本で発行されているプロパーカードのプラチナカードという威厳があるこちらのクレジットカードもプライオリティパスを利用する上ではおすすめの1枚です。

基本的な情報としては次のようになっています。
国際ブランド:VISA/MasterCard
年会費:50000円+税
旅行傷害保険:海外1億円
プライオリティパスのランク:プレステージ会員

さすがは三井住友カードが発行するプラチナカードということもあり、国内であれば50箇所程度のホテルや旅館で部屋のアップグレードサービスや朝食優待などのサービスを受けられるようになっています。さらには提携ホテルの一部ではスイートルームのような高級クラスの部屋であっても優待料金で利用できるようになっているなど、トラベル面では非常に充実した機能が用意されています。
プライオリティパスもそういう意味ではトラベルを楽しむための一つの特典と考えることが可能でしょう。また年会費が高額なプラチナカードであることからプライオリティパスは自分のみならず家族カードであっても無料で発行できるようになっています。基本的には本会員のみがプライオリティパスを取得できるのですが三井住友VISAプラチナカードに関しては家族会員もプライオリティパスが無料利用できるようになっていますのでお得度合いは高く感じることでしょう。家族もプライオリティパスを利用できるクレジットカードを持つのも一つの手段ではありますが、三井住友VISAプラチナカードの安心感は大きいものですのでこちらの家族カードを利用しておくほうがお得なのではないかと個人的には考えています。

三井住友カードといえばVISAを発行しているような印象が強いと思いますが、実は三井住友カードはMasterCardの発行にも携わっています。そのため三井住友プラチナカードも実はMasterCardブランドでの発行にも対応しています。そして、両方のブランドを同時に所有することも認められているのですね。両方の国際ブランドを利用するのであれば年会費は追加で5000円+税となっています。意外と安いですので両方持つのも悪くはないですね。

■JAL・JCBカード プラチナ

数あるJALカードの中でもプラチナカードとして発行されている2種類のうちの1つがこのJAL・JCBカード プラチナです。コンシェルジュサービスやプライオリティパスといったプラチナカードらしいサービスも充実しながらはやりJALカードの一つということでマイルも貯まりやすいことが特徴となっています。

基本的な情報としては次のようになっています。
国際ブランド:JCB
年会費:31000円+税
旅行傷害保険:海外1億円
プライオリティパスのランク:プレステージ会員

JALカードとJCBが提携して発行しているクレジットカードということでJCBが提供しているサービスであるJMB WAON(モバイルを含む)との相性が良いクレジットカードとなっています。プラチナカードはあまり電子マネーとの提携がされていないような印象があるかもしれませんが、以外にもプラチナカードであっても電子マネーとの提携はされているのですね。こちらのJAL・JCBカード プラチナでWAONを利用すればチャージで貯まるマイルと合わせて最大で200円に付き3マイルが貯まりますので還元率は高いものと言えるでしょう。またJALグループの航空券などを購入するさいにこちらのクレジットカードを利用すればなんと100円につき4マイルが貯まりますので、JALでの支払いはこちらのクレジットカードを利用することが必須となるでしょう。

JALカードは航空系のクレジットカードであり多少審査が厳しいように思われているようですが、意外にも安定した収入さえあれば20代であっても審査に通っているケースは多く確認されています。早い段階からJALカードを利用してマイルを貯めたり、プライオリティパスのサービスを利用することは大切ですね。しかも20代であればCLUB ESTと呼ばれる20代専用のサービスにも申し込むことが可能ですしプライオリティパスとマイルの合わせ技を楽しむことが出来るでしょう。

プライオリティパスに関しては本会員にのみプレステージ会員が付帯されるような仕組みとなっています。同じJALカードのJAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナであれば家族カードも無料でプライオリティパスが付帯される仕組みとなっているのですがこの点に関してだけは残念さが感じられます。JALカードについては基本性能はほぼ同じですが、国際ブランドによってサービスが異なる部分があります。ここは自分の好みで選んでいくしかないのでしょう。