AMEXはプライオリティパスにおすすめなのか

■プライオリティパスの魅力

プライオリティパスの魅力とはいったいどこにあるのでしょうか。本来は4万円を超えるような高額な年会費を支払ったり、毎回の利用料金を支払って利用するプライオリティパスと空港ラウンジにはどのような魅力があるのでしょうか。これだけ話題になっているからこそプライオリティパスで何が出来るのか気になりますよね。そんな疑問を解決するために今回はプライオリティパスをクレジットカードを利用して手に入れることにどのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

■プライオリティパスは8割がクレジットカードの特典
クレジットカードの特典としてプライオリティパスが付帯されてくるものが日本には20種類程度流通しています。日本に限らず世界でプライオリティパスが付帯されているクレジットカードが発行されており、プライオリティパスは実はこのクレジットカードを利用して入会するものが8割程度を占めているようなのですね。それぐらいクレジットカードを利用してプライオリティパスを手に入れるメリットが大きいと世界中で認知されているということなのでしょう。

■プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ
空港に設置されているラウンジには2種類あり、大雑把に分けるとクレジットカード会社が提供しているカードラウンジと航空会社が提供しているビジネスラウンジやVIPラウンジと呼ばれるものです。プライオリティパスで利用できるのは後者のビジネスラウンジに値するものが大半で、本来であればビジネスクラス以上の航空券を所有していなければ利用できない部分となっているのです。
プライオリティパスも会員の種類によっては利用料金が必要とはなってしまうのですが、それを踏まえてもビジネスラウンジが利用可能という魅力は大きいでしょう。ビジネスラウンジであればカードラウンジのようにジュース類だけではなくアルコール類も提供されていたり食事が提供されているラウンジも8割程度はあるようです。一部ではシャワーなども利用できますのでこういったものが利用できるのは非常に魅力的です。

プライオリティパスを利用することはかなりハードルが高いものと感じているかもしれません。しかしながら実際にはちょっとした休憩のためにビジネスラウンジを利用されている方も多く居るのが現状です。初めて空港ラウンジを利用するともなると緊張する気持ちは私も分かります。しかし、敷居の高いものと考える必要は無く気軽にプライオリティパスの魅力を感じてもらいたいと思います。

■プライオリティパスについて知ろう

皆さんはプライオリティパスという言葉を聞いたことがありますか?
クレジットカードの付帯特典として近年人気が高まっているのがこのプライオリティパスというサービスなんですね。プライオリティパスを利用するといったいどのような特典が用意されているのかについて今回はご説明したいと思います。

■プライオリティパスとは
そもそもプライオリティパスが何か分からない方も多いと思います。このプライオリティパスはプライオリティパス社という会社が発行している空港ラウンジを利用するための会員権となっています。通常、空港のラウンジを利用するためにはクレジットカードと提携しているラウンジかその日搭乗するビジネスクラス以上のチケットを提示する必要があります。しかし、このプライオリティパスを所有しているとそういったクレジットカードやチケットの提示は無しにしてこのプライオリティパスだけでラウンジが利用できるようになるのです。

■プライオリティパスの費用は
クレジットカードに付帯されているプライオリティパスは大半が無料でありそれが人気の理由となっています。本来であればプライオリティパスは年会費が必要となっており、最低でも99米ドルそして最もランクの高い会員であればなんと399米ドルもの年会費が必要なのですね。
しかも最低ランクであるスタンダード会員では年会費の他に毎回のラウンジ利用料金として27米ドルが必要となります。年会費の他に利用料金が必要となってしまうのですね。しかし、最高ランクのプレステージ会員であれば毎回の利用料金は不要となっています。正直、そこまで空港ラウンジを多用しないのであればスタンダード会員でも十分な特典ではあるのですが、クレジットカードに付帯されているプライオリティパスの大半はプレステージ会員となっていますので何回利用しても利用料金は無料となっているものがほとんどです。

■プライオリティパスの使い方
プライオリティパスを利用するためにはまずは会員証を手に入れる必要があります。これはクレジットカードの申し込みと同時に済ませることは不可能ですので、まずはプライオリティパスが発行できるクレジットカードと契約して利用開始を待ちましょう。クレジットカードが手元に届けばその後の手続きはクレジットカード会社によって異なるのですが、専用の会員サイトや電話連絡によってプライオリティパスの発行を依頼できます。
会員証が届けばあとは提携している空港ラウンジで提示することでプライオリティパスが利用できます。

■プライオリティパスでなくても空港ランジは使える

空港ラウンジといえばプライオリティパスを利用することによって初めて利用できるようになるものだと勘違いされている方をよく見かけます。実はそういったものではなく、そもそもプライオリティパス社は空港のラウンジを経営していません。プライオリティパスを利用して入場することが出来る空港ランジは航空会社やクレジットカード会社が用意したVIPラウンジやビジネスラウンジと呼ばれるものなのですね。

特に日本ではカードラウンジが数多く用意されており、これはプライオリティパスでは入場できずクレジットカードの提携によって利用できることがほとんどです。その理由としてはプライオリティパス社が提供している空港ランジは国際線が飛び交う空港が中心となっているからなんです。日本でも国際線が飛び交う空港の数は限られており、それ以外の空港は国内線のみの利用となっているはずです。そういったこともあり空港ラウンジはカードラウンジと呼ばれるクレジットカード会社が用意したものが中心となっているのです。

このカードラウンジはプライオリティパスではなく、日本で発行されているゴールドカードの大半を提示することによって利用が可能となります。一部のクレジットカードではゴールドカードであっても空港ラウンジに対応していないこともありますので、その点は事前に確認しておきましょう。カードラウンジを利用するだけであれば年間3000円程度の年会費を支払うだけで入場できるようにもなりますので国内での利用に限っていうと必ずしもプライオリティパスを所有していなければ空港ラウンジが利用できないという訳ではありません。むしろゴールドカード以上を所有する事によって入れる空港ラウンジのほうが多いのですね。国内では最大でゴールドカード1枚で28空港の空港ラウンジが利用できるようになるのです。

またプライオリティパス社が提携しているビジネスラウンジも本来はプライオリティパスで入場するのではなく、ビジネスクラス以上のフライトを利用する方を対象に作られているものです。そのため、もし仮にプライオリティパスを所有していなくともビジネスクラスのフライトチケットを所有していれば入場することが出来るのですね。ビジネスクラスはちょっとしたフライトでもエコノミークラスとは大きく異なった価格設定がされているものです。そういった上級のお客様に対して用意されているのがビジネスラウンジと呼ばれるものでありプライオリティパスで利用できる空港ラウンジなんですね。

■プライオリティパスで空港ラウンジを利用する

クレジットカードに付帯されていて嬉しいものと言えばプライオリティパスです。付帯されているクレジットカードの種類はそこまで多いものではないですが、このプライオリティパスを目的としてクレジットカードを作成する方も多いようですね。今のところ最も手軽にプライオリティパスを手に入れることが出来るクレジットカードは「楽天プレミアムカード」であり年会費は10800円となっています。プライオリティパスのプレステージ会員の年会費が44000円程度であることを考えると非常に安くプライオリティパスを手に入れることが出来るクレジットカードとして人気が高いものとなっています。

クレジットカードを利用してプライオリティパスを手に入れるためにはクレジットカードを作成するだけでは事足りません。確かにクレジットカードの付帯サービスとしてプライオリティパスが提供されているのには違いないのですが、自動的に全員にプライオリティパスが配布されるというサービスでは無いのです。さらに付け加えるプライオリティパスはクレジットカード会社ではないプライオリティパス社が提供するサービスであるため会員証を手に入れる必要があるのです、クレジットカードの提示などでは利用できないサービスとなっているわけですね。そのためプライオリティパスを利用するためにはクレジットカード会社に会員証の発行を依頼しなければなりません。これには2週間程度必要となることも多いですのでクレジットカードを手に入れたからと言ってすぐにプライオリティパスが利用できるということではありせんので注意しておきましょう。

さてクレジットカードを利用してプライオリティパスの会員証を手に入れることが出来ればやっと空港ラウンジが利用できるようになります。プライオリティパスで利用できる空港ラウンジは数が多いですが空港によってはプライオリティパスで利用できない空港ラウンジも多々ありますので先に確認しておくことが重要です。公式サイトなどでも確認できますが分かりやすいのはスマートフォンのアプリを利用することでしょう。シンプルなインタフェースとなっているのでラウンジを探しやすいと個人的には感じています。

利用可能な空港ラウンジが分かればあとはクレジットカードとプライオリティパスを持って空港ラウンジに出向くだけです。空港ラウンジにもよりますがプライオリティパスは本人しか利用できないことも踏まえて身分証明などが必要となることもあります。手続きは簡単なものですので完了次第ラウンジが利用できます。

■クレジットカードだけでも空港ラウンジが使える

空港ラウンジを利用するためにはプライオリティパスが必要と考えている方も少なくは無いようです。空港ラウンジ=プライオリティパス社が提供しているサービスみたいなイメージがあるのかもしれませんね。しかしながらそもそも論ではありますがプライオリティパス社は空港ラウンジを経営してはいません。プライオリティパスに関してはすでに経営されている空港と提携することによってプライオリティパス会員が利用できるようにしただけなんですね。

つまりどういう意味かと説明しますと空港にはプライオリティパスを利用する以前にラウンジが用意されているということになります。このラウンジは大きく分けて2種類となり、一つはカードラウンジと呼ばれるものでもう一つはビジネスラウンジと呼ばれるものです。前者のカードラウンジに関しては名前からも分かるようにクレジットカード会社がそれぞれの空港に対して空港ラウンジを用意しているもののことを指しています。このカードラウンジと呼ばれるものであればプライオリティパスを所有していなくとも空港ラウンジを利用することが可能となるのです。

それではどのようなクレジットカードを利用していれば空港ラウンジを利用できるようになるのでしょうか。基本的にカードラウンジと呼ばれるものであれば日本で発行されているゴールドカード以上を所有することによって利用できることが大半です。クレジットカードによっては一部の空港ラウンジに対応していないこともありますが、大半のゴールドカードであれば国内28箇所の空港ラウンジが利用できるようになっているはずです。細かいことはクレジットカードによって微妙に異なりますので注意しておきましょう。また、ステータス性が高いクレジットカードとして知られているアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブに関しては少し空港ラウンジの取り扱いが異なったものとなっていますのでどこが利用できるのか確認しておく必要があります。

クレジットカードを利用して空屋ラウンジを利用するときに注意しておかなければならないことがあります。それは日本で発行されているクレジットカードを利用して空港ラウンジが利用可能となっているのは日本の空港が大半ということです。クレジットカードによってホノルル空港の空港ラウンジが利用できるものもありますが、日本国内の空港しか利用できないものも多数あります。この点はプライオリティパスを大きく異なりますので用途にあったものを選ぶようにしましょう。